眉のアートメイクで人気の4d技法とは

水に濡れても汗をかいても落ちることなく数年間持続させることが可能

女性の身だしなみとして欠かせないメイクですが、芸能人やモデルの間で最近注目されている「アートメイク」をご存知でしょうか。
アートメイクとは、専用の器具を使って色素を入れた針を皮膚に刺し、眉やアイラインなどを常にメイクしているかのように見せてくれるというものです。
せっかくきれいに仕上げても汗や脂分などで落ちやすい眉やアイラインですが、水に濡れても汗をかいても落ちることなく数年間持続させることが可能で、メイクの手間が省けることやきれいな状態を保つことができるため、多くの女性から高い注目を集めています。
アートメイクは、色素を皮膚の表面から0.03ミリ以内の浅い層に入れる手法で基本的にはタトゥーと同じですが、タトゥーのように皮膚の深い場所には色素が入らないため2〜3年程度で徐々に薄くなることが特徴となっています。
そのメリットは、メイク時間の短縮に加えてメイクをしていなくてもメリハリのある顔を保てることやメイク崩れが気にならなくなること、もともとのパーツのコンプレックスを隠せることなどがありますが、一方で徐々に薄くなってしまうため定期的に施術を受けなければなりません。
しかし、施術は針や麻酔を使うため医療行為とされており、医師免許を持つ技術者による施術となるため安心して任せることができます。
そんな眉のアートメイクにはいくつかの種類があり、それぞれ仕上がりに違いがあるためその技法を理解して自分に合った技法を選ぶことが重要となっています。
主な技法には「グラデーション」「3d」「4d」と呼ばれるものがあり、グラデーション技法は全体的に色素を入れていくもので、サロンやクリニックによっては「2d」や「化粧技法」と呼ぶこともあります。
主に専用の機器を使用して行われる技法で、ペンシルで描いた後のようにふんわりとしたグラデーションで自然な色合いの変化を作っていくことが特徴となっており、柔らかい雰囲気の表情にしたい場合や普段からあまりメイクをしない場合におすすめです。
3d技法は1本1本手彫りによって描いていく手法で、自然な毛並みを再現することができるので施術前後で違和感が少ないことが特徴です。
そのため生まれつき眉毛が薄い場合や自然なラインが欠けている場合などにおすすめですが、1本ずつ手で描いていくため施術時間が長くなる傾向があります。

水に濡れても汗をかいても落ちることなく数年間持続させることが可能4d技法は最新のアートメイクで、今最も注目されている技法です4d技法の施術料金はやや高めの13万円前後が相場